宝くじの購入枚数!最も効率の良い枚数は何枚なの?【徹底比較】

宝くじを毎回購入されている方で
いつも何枚くらい購入されて
いますか?

購入できる分だけ購入する方もいれば、
決まった枚数だけ購入される方など
人それぞれ購入の仕方は様々だと
思います。

そこで今回宝くじを購入するに
あたって何枚が一番効率が良いのかを
ご紹介していきたいと思います。

毎回購入される方には必見です!

さらに購入枚数だけでなく
効率の良い買い方や注意点なども
一緒にご紹介していきます。

ぜひこの記事を読まれて
参考にされてみてください。


宝くじの購入枚数で最も効率の良い枚数は?

宝くじの最も効率が良いと言われる
購入枚数をご存知でしょうか?

人それぞれの買い方があり、
50枚購入する方もいれば
1万円分だけと金額で
決められている方など
様々だと思います。

これからご紹介する枚数の
買い方は2つご紹介します。

宝くじはそもそも効率が悪い
ということを念頭に
読んでいただきたいと思います。

正直に話すと数枚変わろうが
1%にも満たない
確率となっています。

夢を買うのが宝くじであることを
お忘れなく読み進めて
いただき知識として蓄えて
おくくらいの気持ちでいてください。

あくまで調べた結果であり
実際に購入してみての
実践を交えた枚数ではないことを
ご了承ください。

1.10枚連番で購入


出典 https://www.takarakuji-ataritai.com

はじめに宝くじが当たる
確率は1.000万分の1
と言われています。

それを踏まえて説明すると
10枚連番で購入した場合
確率的には9,999万9990分の1の
確率で1等が当たります。

連番なので組が当たらなければ
高額当選は諦めなくては
ならなくなりますが、
組さえ合えば1等さらに
前後賞まで狙える買い方となっています。

1枚で確率が1.000万であれば
1.000万から10枚だけ引いた数
それが9.999万9990分の1
という確率が導き出されます。

じゃあ1,000万枚買えば
必ず1等が当たる?

と思われた方もいらっしゃると
思いますが、1枚300円で
1.0000万枚購入したら
1.000万枚×300円=30億円!

1等は当たりますが、大破産に
なってしまいますよね!

宝くじは還元率50%と言われる
最も還元率が悪いと言われる
ものです。

そのことお忘れなく!

しかしそんな連番10枚でも
100%当たるのが6等になります。

6等は300円の当選です。

10枚購入(3.000円)で
6等当選(300円)なので
10枚は実質2.700円と
30%オフで購入できると
いうことになります。

2.連番で3枚だけ購入


出典 https://blog.goo.ne.jp/uchida-seitai

連番で3枚だけの購入も
確率的には物凄く低いです。

先ほど説明した法則で計算すると
9.999万9.997分の1となり
10枚購入するよりも
確率的には悪くなってしまいます。

数字で見ると宝くじに当選する
ことがどれだけすごいことなのかが
改めてわかりますよね!

3枚でも充分前後賞が狙えるので
良いと思います。

正直思われた方もいらっしゃると
思いますが、10枚連番で購入しようが
3枚連番で購入しようが確率的に
はさほど遜色がないことが
わかられたと思います。

あくまで宝くじは夢を
買うものであり確率では
なかなか難しいものと
なっています。

しかし先ほども説明しましたが
ここで10枚購入するのと
3枚購入するので大きく変わる
当選率があります。

それが6等が当たるかどうかです!

6等は1等の抽選番号の下1桁の数字が
一緒であれば当選することに
なりますが、連番で10枚購入されて
いると下1桁は必ず0〜9あるので
6等は100%当たります。

しかし3枚連番であれば
0〜9のうち3つの数字しか
該当していないので
確率的には30%となっています。

3枚購入(900円)で
6等当選が30%となると
なかなか還元率は
少ないと考えられます。

効率がいいのはどちらかと
聞かれたら億万長者の夢は
どちらも同じくらいですが、
当選狙いとなると10枚連番で
購入された方がいいかもしれませんね!

どちらで購入するか
あなた次第ですが確率などを
あまり気にせず購入されても
いいと思いますよ!

Sponsored Links

宝くじのバラ購入は効率が悪い?


出典 https://www.takarakuji-ataritai.com

連番のことばかりの紹介で、

宝くじのバラ購入は効率が
悪いのか?

と思われた方もいらっしゃると
思います。

実際バラと連番とでは
確率はほとんど変わりません。

効率となるとバラの方が
悪いと言われています。

理由としては数字がバラバラで

例えば)

12組1234、34組2474、52組6784
など6等狙いも数字が偏り
確率が落ちてしまう可能性が
あるからです!

しかしバラにはとっても良い
購入の仕方ができたのを知っていますか?

宝くじは連番とバラどっちが当たる?当選率を比較してみた

こちらの記事に詳しく書いて
ありますが、バラで購入するのが
一気に高額当選確率も効率も
連番に負けないくらいの
買い方があるんです!

宝くじの購入枚数で最も効率の悪い枚数は何枚なの?

購入枚数で最も効率が
悪い枚数は2枚のみの購入です。

2枚の購入は当選確率も
一番悪く還元率も悪いと
されています。

あれ?1枚の方が悪いと
思うけど・・

と思われた方もいると
思いますが、
確かに当選となると
1枚が一番確率が低く
効率も悪いです。

しかし1枚でも、
もし6等が当たれば還元率100%
になります!

2枚であれば当選率20%と低く
6等当選したとしても50%の
還元率しかないからです。

しかし購入額が上がれば
上がるほど当選率は上がりますが
還元率は下がるので正解は
ありません!

こちらの動画で1000万円分
購入していくら当たるかの
検証動画を見つけたのでご覧ください。

宝くじを購入する際に他に注意することはある?

宝くじを購入する際に
注意することと言うよりも
何度か言いましたが、
心構えとしてもっていて
ほしいことを5つご紹介します。

宝くじの5つの心構え!

①宝くじの還元率は
競馬や競輪よりも悪い。
②多額を費やせば1等が
当たるものでもないということ。
③すべての人に平等にチャンスが
あるということ。
④共同購入は揉める原因に
なってしまうことが多い。
⑤購入してから宝くじの
詐欺に気をつけること。

の5つになります。

⑤で紹介した宝くじを使った
詐欺についてまとめた記事が
あるので、ぜひ読まれていてください。

宝くじで詐欺をする手口とは?知っておきたい詐欺師の巧妙な方法!

詐欺なんて合わないと
思っている方でも夢があり
もしかしたらと思ってしまうのが
宝くじなので、被害に遭われる方も
年々増えているので気をつけてください。

まとめ

今回宝くじの効率の良い
購入の仕方をご紹介しました。

少し難しくなった方へのおさらいです!

宝くじの効率が良い買い方は
10枚連番で買うと必ず
6等の当選がもらえる。

連番よりもバラで購入する
方が効率が悪いが、特殊な
バラの買い方で良くすることもできる。

最も効率の悪い枚数は
2枚だけの購入。

となっています。

また宝くじの効率だけでなく、
宝くじの期待値を比較する方法を
まとめた記事も書いてます。

⇒宝くじの期待値を比較する方法は?計算式について徹底解説!

抽選日を待ちわびている方には
期待値を知っておくと良い意味でも
悪い意味でも色々と落ち着き
抽選日を迎えれるかもしれませんね。

豆知識



withplaceをフォローする
宝くじドリーム