宝くじの所得税は翌年どのくらいかかるの?知っておきたい税金対策!

宝くじの高額当選しても
国に税金で取られる!

宝くじで高額当選しても
いい噂を聞かない!

など宝くじに高額当選してから
どのような手続きや
税金を納めなければいけないのか
当たってから調べる方も多いです。

しかしそれでは当選した
喜びの方が大きく、
散々お金を使い切った後に
色々知ることになってしまいます。

そこで今回高額当選した後に
かかってくる税金などを
ご紹介したいと思います。

宝くじの豆知識として
当選した後のことを
知っておいた方がいいですよ!


宝くじは所得税が翌年にかかるって本当なの?

宝くじに高額当選して
喜んでいるのもつかの間・・

友人から

宝くじ当たっても税金がやばいよ!

そんなことを聞いてしまった
あなたはどうしようと
悩まれると思います。

色んな方に聞いても、

確か宝くじって翌年にすごい額の
税金がくるんだよね?

宝くじ当たってもどうせ
税金で半分になっちゃうって

聞いたことあるよ!

など様々な意見を聞くことに
なると思います。

でも安心してください!

そんなことを言っている人は
宝くじに対して無知なだけです。

所得税が来年からかかることや、
税金で半分取られることなど
一切ありません!!
(一部の税金は掛かります。
※詳しくは後ほど・・)

次の項目で詳しく説明しますが、
宝くじは非課税対象となっています。

宝くじは所得税は実は非課税になるって本当?

先ほど少し紹介しましたが、
宝くじの当選金額は非課税と
なっています!

所得税も住民税も非課税となっており
高額当選だろうが、少額当選だろうが、
宝くじの当選額は非課税なんです。

そもそもなぜ非課税なの?

と思われる方も多いと
思いますが、宝くじには
購入したときにすでに税金として
支払われていることになっています。

・・・どういうこと?

っとさらに困惑させて
しまいましたが、
宝くじは購入額に対して税金が
ついてきます。

例えば)

3.000円分の宝くじを購入したと
してそのうち40%の1.200円を
税金で納めていることに
なるということです!

なのですでに納めているので
当選したとしても高額だろうが
非課税ということです。

3.000円分で1億当選して
1.200円の税金でいいなんて
夢の夢の夢くらいすごい
システムですよね!

宝くじには贈与税がかかってしまう?

先ほど少しご説明しましたが、
宝くじの当選金で税金を
取られることは一切ありません。
(一部の税金はかかります。)

と紹介していましたが、
どんな税金がかかるのか
気になりますよね?

それは贈与税と呼ばれる
すごく嫌な税金です。

何が嫌かといいますと、

宝くじで5億円当たってしまった!
親孝行で1億円ずつお父さんや
お母さんに分けてあげよう!

これで渡してしまうと、
贈与税にかかります。

法律で決められていること
なのでしょうがないことですが、
なんとも嫌な税金です。

砕いて贈与税を説明すると、

1年間で110万円以上を
他人から分配されてしまうと
贈与税がかかってしまいますよ。

ということです。

なので5億円当たったとして
親孝行できる現金で渡せる
限度額は110万円までと
なっています。

5億円当たってしまったのに
110万円しか渡せない親孝行を
例えるならバイトで1万円もらって
親孝行と言い親に100円渡すような
ものですからね!

Sponsored Links

宝くじには贈与税について知っておきたいことは?

贈与税は嫌な税金と
紹介しましたが、
贈与税を交わし親孝行を
する方法もあります!

例えば)

家をなるべくバリアフリーに
改装したいけど、改装金が
500万かかってしまう。。

そんなとき5億円当たっている
あなたは500万渡してあげたい
ところですよね。

でも贈与税が・・・・

と悩まれていると思います。
そんなときは、

500万円現金で渡すことは
できないけど、生活の為だから
バリアフリーに僕から
支払ってしてあげるよ!

これで贈与税を交わすことができます。

当選した本人が支出として
行えばいいだけの話です。

贈与税はあくまで1年間で
現金110万円以上もらった場合と
なるので安心して親孝行
することができます。

宝くじについて知っておきたい税金対策は他にもある?

宝くじ当選して知っておきたい
税金対策としてもう一つ
税金がかかってしまうことが
あります。

それが相続税です。

父親が5億円高額当選して
喜んでいたが、不幸なことに
亡くなってしまい5億円まるまる
残ってしまいお母さんや息子に
入ってくると思ったら大間違いです!

当選したのはあくまで
父親でありお母さんでも息子でも
ありません。

贈与税もそうですが、
『人から無償でもらうお金』
には何かしらの税金が
携わってきます。

相続税の対策もありますが、
一応気をつけておいてください。

大金を目の前に浮かれて
しまうと税金という国最強の
制度に阻まれてしまいますよ!

まとめ

今回宝くじの税金対策について
ご紹介してきました。

読み進めていく上で忘れた方も
いらっしゃると思うので
再度おさらいです!

宝くじには所得税も
住民税も一切かからない。

贈与税や相続税など
当選した方からもらうと
受け取る人は税金が発生する。

親孝行したいのであれば
現金でなく支出として行う。

ちなみに忘れていましたが、
宝くじに高額当選した人は
一生税務署から厳しいチェックを
受けることになります。

宝くじで当選した以外のお金の
流れを事細かにチェックされます。

普通に生活して税金を
納めていれば心配することは
なにもないので安心してください!

宝くじの税金に関わることを
紹介した動画を見つけたので
見られてみてください。

また今回少し贈与税について
ご紹介しましたが、
さらに詳しく贈与税について
記事にしています。

宝くじの贈与税は家族に分配したらいくら?課税される金額を解説

ぜひ参考にされてみて
知識としてもし当選したときでも
慌てずに済むように参考にされて
ください。

税金



withplaceをフォローする
宝くじドリーム