宝くじのビンゴの確率はどれくらい?くじの当選率を徹底調査!

2017年に発売されて
まだ間もない宝くじ
ビンゴを知っていますか?

これからご紹介するのは、
ビンゴの等級ごとの確率や
他の宝くじと比較した一覧表
をご紹介していきたいと思います。

ご存知の方もいらっしゃると
思いますが知らない方の為に
ビンゴの遊び方もご紹介します。

ぜひこの機会にビンゴが
当たりやすいのか?
などを参考にして
いただければと思います。


宝くじのビンゴの確率はどのくらい?


出典 https://kaiun-ataritai.com

『ビンゴ〜♪ビンゴッッ!!♪
ビンゴビンゴ〜♪』

このCMが強烈に頭から
離れなくなる新しい宝くじの
ビンゴ5!

ビンゴの遊び方

8ラインを何本完成させるかで
等級が決まる宝くじになっています。
タテ・ヨコ3マスずつに1〜40の
数字が配置されていて選んでいくことで
抽選した数字とあっていたら
ラインを引くという形になります。

そんなビンゴ宝くじですが、

実際確率はどのくらいなんだ?

と気になる方もいらっしゃると
思います。これからビンゴの
確率を表にまとめて見たので
ぜひ参考にされてみてください!

ビンゴ5当選パターン金額確率
1等8ライン完成約550万円約39万分の1
2等6ライン完成約30万円約2万4,000分の1
3等5ライン完成約4万5,000円約8,000分の1
4等4ライン完成約1万8.000円約2,000分の1
5等3ライン完成約2,500円313分の1
6等2ライン完成約700円59分の1
7等1ライン完成200円7の1

このような確率になっています。

あくまで金額は見込み金額になるので
実際の当選金額は毎回変わってきます。

少額当選にはなりますが、
全体的に当選確率は高くなっています。

宝くじのビンゴの当選率を比較してみた!

これからビンゴと当選確率を
様々な宝くじで比較して
いきたいと思います。

ビンゴが少額当選になるので、
なるべく金額が近い等級で
比較していきたいと思うので
気になる方はぜひ参考に
されてみてください!

ビンゴ5はあくまで見込み金額で
さらに確率も毎回ビンゴによって
変わってきてしまいます。

そのことも踏まえて
確率などの比較をしてください。

1.ブロック


出典 https://nomad-saving.com

2018年の9月ごろに行われた
西日本ブロック宝くじを元に
比較していきたいと思います。

全体的に当選金額が近かったので、
3等までを比較していきます。

宝くじ種類等級金額確率
ビンゴ1等約550万円約39万分の1
西日本宝くじ1等700万円250万分の1
ビンゴ2等約30万円約2万4,000分の1
西日本宝くじ2等30万円10万分の1
ビンゴ3等約4万5,000円約8,000分の1
西日本宝くじ3等2万円2,000分の1

このような結果になりました。

ビンゴの方が若干当選確率が
金額的にも高くなっています。

2.ロト


出典 http://takarakuji-loto-lucky.com

ロト6とロト7はそれぞれ
当選金額も変わってきます。

1等や2等は1,000万を
超えるので金額の近い等級
でそれぞれ比較していきたいと思います。

宝くじ種類等級金額確率
ビンゴ2等約30万円約2万4,000分の1
ロト63等約30万円約2万8,000分の1
ビンゴ4等約1万8,000円約2,000分の1
ロト74等約1万2,500円約1,100分の1

このように結果となりました。

30万円の当選確率は
ロト6よりもビンゴの方が良く

1万円を超える当選確率は
ロト7よりビンゴの方が悪い

ことがわかりました。

ロトの場合もそうですが、
あくまで見込み金額になるので
当選金とはまた変わってきます。

しかし見込み金額でも参考になると
思うので覚えておくと確率的に
どちらを購入しようと悩んだとき
役にたつと思います!

3.ミニロト


出典 http://www.bk.mufg.jp/index.html

ミニロトでは少額の2等から
金額が近い等級でビンゴと比較して
いきたいと思います。

ミニロトも毎回金額が変わり
確率も変わってくるので
ご注意ください!

宝くじ種類等級金額確率
ビンゴ2等約30万円約2万4,000分の1
ミニロト2等約15万円約3万4,000分の1
ビンゴ4等約1万8,000円約2,000分の1
ミニロト3等約1万円約1,400分の1
ビンゴ6等約700円約59分の1
ミニロト4等約1,000円約52分の1

このような比較結果となりました。

10万円台の確率はビンゴの方が
高いことがわかりましたが、
少額になるとミニロトの方が
高くなっていました。

4.スクラッチ

次にスクラッチと
比べてみたいと思います。

スクラッチも様々な種類が
ありそれぞれ当選金も
確率も変わってきてしまいます。

今回比較するスクラッチは

『ドラゴンボールスクラッチ
人造人間18号 ラッキー3』

で比較していきたいと思います。

当選金一覧
1等300万
2等10万
3等5万
4等1万
5等1,000円
6等200円

このような配当金になっているので、
1等・3等・4等をビンゴと
比較してみたいと思います。

宝くじ種類等級金額確率
ビンゴ1等約550万円約39万分の1
スクラッチ1等約300万円25万分の1
ビンゴ3等約4万5,000円約8,000分の1
スクラッチ3等5万円4,167分の1
ビンゴ4等約1万8,000円約2,000分の1
スクラッチ4等約1万円556分の1

このような結果となりました、

比較してみてわかると思いますが
スクラッチが当選確率が
高いことがわかります。

Sponsored Links

5.ビッグ


出典 https://www.japannetbank.co.jp

ビッグは完全に運任せの
くじだから確率なんてあるの

と思われる方もいると
思いますがきちんと
確率があるんです。

しかし当選金などで変わって
きてしまうのでビックでは
等級の確率を比較して
みたいと思います。

等級ビンゴビッグ
1等約39万分の1約480万分の1
2等約2万4,000分の1約17万分の1
3等約8,000分の1約1万3,000分の1
4等約2,000分の1約1,643分の1
5等約313分の1約299分の1
6等約59分の1約75分の1

ビッグの場合当選金額の
見込み金額もバラバラとなって
いるので金額はそのときに
なってみないとわからないのが現状です。

等級だけの確率だと判りにくいですが
4等以降がビンゴの当選金額より
高ければビッグの方が確率は高い
ということがわかったと思います。

6.ナンバーズ


出典 http://www.takarakuji-official.jp

ナンバーズは2種類ありさらに
買い方で確率が変わってきます。

今回はそれぞれのナンバーズを
ボックスで購入した場合の
当選金と近いビンゴの等級で
比較していきたいと思います。

宝くじ種類等級金額確率
ビンゴ3等約4万5,000円約8,000分の1
ーーーー4等約1万8,000円約2,000分の1
ナンバーズ4ボックス約3万7,500円約416分の1
ナンバーズ3ボックス約1万5,000円約166分の1

圧倒的にナンバーズの方が
当選確率が高いことが
わかると思います。

金額は多少ビンゴの方が
高くても確率で言えば
ナンバーズを購入されたほうが、
当選確率は高いことがわかりました。

まとめ

今回新たにできたビンゴの
当選確率と様々な宝くじとの
比較をご紹介してきました。

全体的な比較ができないのが
残念ですが、ビンゴは比較的に
当選率は高いと思うので
まだ購入されたことない方は、
ぜひチャレンジされてみてください。

今回ビンゴのCMの話を
冒頭でしましたが、動画を
見つけたので見てください。

きっと頭から離れなくなります!

さらに様々な宝くじの比較を
行ってきましたが、くじの種類や
確率をまとめた記事もあるので
ぜひ参考にしてみてください。

⇒宝くじの当選確率の一覧について紹介!くじの種類と確率まとめ

確率を知っておくことで
ほんの少し宝くじの当選に
近づくことができるはずです!

豆知識



withplaceをフォローする
宝くじドリーム