宝くじの前後賞は連番じゃないとダメ?バラでの当選率を比較

宝くじをいざ購入しようと
考えたときに思うことは、

1等+前後賞の当選で億万長者!

ではないでしょうか?

どうせなら大きく夢を見て
購入したいですよね!

そこで今回宝くじの前後賞を
狙うための連番とバラの比較から
当選率をご紹介していきたいと思います。

購入する前に知っておくことで
ほんの少し当選する確率を
あげることができる
と思うのでぜひ参考にされてください。

また購入された方でも
今後購入されるときに役に立つ
情報になっていますよ!


宝くじの前後賞を狙うなら連番じゃないとダメなの?

結論からお話しすると、
ダメとは言い切れません!

宝くじの購入の仕方には
複数あります。

その中でも有名な買い方が
連番とバラと呼ばれる
10枚セットになった買い方です。

連番は言葉の通り、
組の数字が連続して渡されますが
バラの場合は組も数字もバラバラで
渡されます。

このままのバラの買い方では
前後賞を狙うことはできません。

しかしバラでも狙える方法があります!

連番とバラの購入の
仕方がありますが、
バラの買い方でもさらに
特殊な買い方の『たてバラ』
と呼ばれる買い方があります。

詳しくは次でご説明したいと
思いますが、
必ず連番だけが前後賞を
狙える買い方ではないと
いうことを覚えておいてください。

宝くじの前後賞はバラでも狙うことはできる?

先ほどもご説明しましたが、
連番だけでなく、バラでも
前後賞を狙うことができます!

たてバラとは!?

組はバラバラだけど
組が一緒の連番を組み合わせた
買い方となっていて
30枚で1セットとなります。

例えば)

23組、45組、11組・・

バラバラの組ですが・・

23組1234、23組1235、23組1236
45組1345、45組1346、45組1347
11組1123、11組1124、11組1125

と連番の組み合わせで
購入することができます。

こちらの買い方だと充分に
前後賞を狙える買い方になるので、
必ず連番でないと前後賞が
狙えないというわけではありません。

宝くじの前後賞の当選率を比較してみた!

そもそも宝くじの当選率を
ご存知ですか?

こちらに1等が当たる確率を
詳しく記事にしていますが、
宝くじの還元率は50%以下と
定められています。

50%以下ということは、
例え1億円分買ったとしても
当選して返ってくるお金は
5.000万円程度ということです。

そもそも宝くじには、
収益金のほとんどを公共事業に
利用しているため、
個人の利益を求めるための
ものではないということです。

余談ではありますが・・

ギャンブルでお馴染みの
競輪や競馬などは75%くらいと
設定されています。

また連番かバラかどちらが
当たりやすいかと説明する
動画を見つけたので見てみてください。

話は戻りますが、
連番とバラでの当選率を
ご紹介していきたいと思います。

1.連番の当選率


出典 https://www.takarakuji-ataritai.com

さっそく連番で購入した
場合の当選確率を
ご紹介していきたいと思います。

連番の方の当選確率
※100万円以上の当選率
※10枚買ったとしての確率

100万円以上は0.0103%
1.000万円以上は0.0003%
1億円以上は0.0001%
6億円以上は0.0001%

となっています。

数字だけ見ると改めて
宝くじに高額当選する
凄さがわかりますよね!

Sponsored Links

2.バラの当選率


出典 https://www.takarakuji-ataritai.com

次にバラの当選確率を
ご紹介します。

バラの方の当選確率
※100万円以上の当選率
※10枚買ったとしての確率

100万円以上は0.0105%
1.000万円以上は0.0005%
1億円以上は0.0003%
6億円以上はバラでは前後賞が
狙えないので当たりません。

このような結果となっています。

見ていただくとわかる通り
若干バラの方が当選確率が
高いですが、前後賞を絡めた
6億円以上になると連番の方が
確率は低いですが当選します。

そこで生まれたのが
『たてバラ』という買い方です。

たてバラの買い方は先ほど
ご説明したので省きます。

ただでさえ当選確率の高い
バラ+連番の要素を絡めてくるので
この買い方が一番当選
しやすいと言われています。

宝くじの前後賞を狙うための他の買い方とは?

他にも様々な前後賞も取れて
高額当選が狙える買い方があるので、
まとめてご紹介して
いきたいと思います。

特バラ

購入枚数100枚で
たてバラと同様のシステム。
たてバラを多く求めたい人が
購入する買い方です。

福連100

組が10組で100枚一気に購入できる
買い方になります。
順番に下2桁00〜99までの
番号を購入することができます。
購入時点で5等(3.000円)と
6等×10本(3.000円)が確定
した買い方になります。

100枚ぶっ通し

連番で一気に100枚購入できる
買い方です。
抽選の組が違ったらすべて
ハズレとわかってしまう
潔い買い方となります。

また有名な売場だけで発売されると
さらに特殊な大口の買い方
もできるので、ぜひそういった
買い方をしてみたい方は
売場へ出向いてみてください。

まとめ

今回宝くじの連番とバラで
どちらの方が当選率が高く、
当たるのかをご紹介しました。

散々説明してきましたが、
宝くじは数字よりも
運の方が重要となってきます!

あくまでほんの少しだけホント
少しだけ当選確率が上がる方法です。

今回紹介した買い方をしたからと
言って絶対当たるものでは
ないことをお忘れなく。

また連番とバラについて
さらに詳しく調べた記事があります。

宝くじは連番とバラどっちが当たる?当選率を比較してみた

気になる方はぜひ参考に
されてみてください。

運気UP



withplaceをフォローする
宝くじドリーム